お酒

【旨い酒レビュー】花邑 純米酒 陸羽田

花邑(はなむら)の陸羽田(りくうでん)を飲みました。

純米酒としては最高級の香りです。

出会ったきっかけは、日本酒好きの方からの紹介でした。

あの『十四代』の高木社長自らが技術指導し、原料米の選定、醸造方法、品質管理に至るまですべて監修したお酒。味わいは、十四代そのものだと言うではありませんか!

それは飲まずにはいられません。

味わい

口に近づけてまず思ったのは、白桃を感じさせるフルーティーで芳醇な香り!

口に含むと、甘みのある味わいですが、しっとりとした舌触りの滑らかさが際立ちます。

若干の苦みや渋みを伴ったキレがあります。

純米酒らしからぬ味の膨らみもあり、後味は、ほのかに甘みが残ります。

これはなかなか美味しいではありませんか。

このお酒は、キンキンに冷やすよりも、少し冷えているくらいの方が、香りが楽しめて美味しいです。

癖がなくて飲みやすいですが、製造本数が少ないこともあり、一般で手に入れようと思うと、十四代の名前のせいでプレミア価格が付いてしまっています。

定価である2,450円(税抜)で考えるなら、コスパ最高、間違いなく買いです。

しかし、特別美味しいかと言われると、この位の味わいならば、他にもあるかと思います。

ただやはり、花邑は純米酒でこのレベルですから、雄町の純米吟醸や、愛山の純米大吟醸はどのような味わいなのか・・・!!!

吟遊私人
吟遊私人
是非とも次は花邑 愛山を飲んでみたい

『十四代』の高木社長監修は伊達じゃない、噂に違わぬ旨い酒でした!

【追記】

四日目以降は、苦みが増してしまいました。

これは、陸羽田という品種の特徴なのかもしれません。

それでも、美味しいお酒であったことには変わりありません。

飲むときは、あまり日を開けずに飲みきった方が楽しめます。

ABOUT ME
吟遊私人
吟遊私人
【徒然趣味ブロガー】 5本指靴愛用中の都内在住の自由人。お酒好き。映画好き。温泉好き。座右の銘は「石の上には座らない」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です