映画

【映画レビュー】記憶にございません

私の大好きな俳優、中井貴一さんが主役で総理大臣役。

記憶にございません!と言い放つ、支持率最低のダメ総理が、ある日突然記憶を無くしてしまう!?

設定としては、十分見応えがありそうです。

監督は三谷幸喜さん。

三谷さんは好きな監督さんです。映画だとTFE 有頂天ホテルやザ・マジックアワー、ドラマは王様のレストランなど、大好きな作品がたくさんあるので、期待が持てます。

さてさて。

あらすじ

~ あらすじ ~

病院のベッドで目が覚めた男。自分が誰だか、ここがどこだか分からない。
一切の記憶がない。
こっそり病院を抜け出し、ふと見たテレビのニュースに自分が映っていた。
演説中に投石を受け、病院に運ばれている首相。
そう、なんと、自分はこの国の最高権力者だったのだ。
そして石を投げつけられるほどに……すさまじく国民に嫌われている!!!

部下らしき男が迎えにきて、官邸に連れて行かれる。
「あなたは、第百二十七代内閣総理大臣。
国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれています。
総理の記憶喪失はトップシークレット、我々だけの秘密です」
真実を知るのは、秘書官3名のみ。

進めようとしていた政策はもちろん、大臣の顔と名前、国会議事堂の本会議場の場所、
自分の息子の名前すら分からない総理。
記憶にない件でタブロイド紙のフリーライターにゆすられ、
記憶にない愛人にホテルで迫られる。
どうやら妻も不倫をしているようだし、息子は非行に走っている気配。
そしてよりによってこんな時に、米国大統領が来訪!

他国首脳、政界のライバル、官邸スタッフ、マスコミ、家族、国民を巻き込んで、
記憶を失った男が、捨て身で自らの夢と理想を取り戻す!
果たしてその先に待っていたものとは……!?

©記憶にございません

「記憶にございません」レビュー

【評価】 50点

うーん、つまらなくはないけれど、面白くはなかった。眠くなったりはしなかったけれど、見終わったあと、無表情になってしまった。

所々に中途半端な冗談があったけれど笑えず、ストーリーは何の問題もなく、大した展開もなく進む。内容が薄い。

以前の監督の映画は、一生懸命にやっている人達の中の可笑しさを上手く描いていたけれど、最近のは一発屋のお笑い芸人のネタのように、無理やりな感じがして面白くない。

付け耳とか、半袖スーツ、ギャングのような恰好などなど、登場人物を使った政界パロディーかもしれないけれど、笑えないですよ。

劇中のああいう冗談は、いらないかな。そんなことでクスリとさせる積み重ねで映画を作るのは、果たしてどうなんだろうか。

まぁ、私はクスリとも出来なかったけど。

個人的には、悪い総理をもっと描いても良かったと思う。それこそ、映画の3分の1くらいは、悪い総理でいい。

悪い総理が描かれてこそ、記憶を無くしたことが活きる。それ忘れたの!?ということを、役者に真剣に演じさせることによって、そこに笑いが生まれる。

それなのに、すぐに一発屋の冗談を入れてくるから、せっかくの設定が活かされていない。設定自体が面白かっただけに、とても残念。

メリハリがないから、淡々としてしまう。ハラハラドキドキとビックリがなくては、楽しめないよね。

映画というのは、監督の自己満足になってはいけない。

最近の三谷幸喜の映画は、三谷幸喜がキャストを散りばめる楽しさを満喫して終わっているといってもいい。

俳優が巧みだから、何とか見れるだけであって、ストーリーだけでは厳しいかもしれない。まぁ、バイオレンスとかがない、平和な感じなだけマシかもしれないけれど。

何本も映画を撮ると分からなくなってしまうのだろうか。

三谷幸喜は、マジックアワーまでが良かった。清洲会議でとてもがっかりした時に、学習するべきだった。

観るのを止めるほどではないが、もう一度観たいとは思わない。

この映画は、私の記憶にございません、になりそうです。

おすすめの三谷幸喜作品

僕が、三谷幸喜の作品で一番好きなのは、佐藤浩市さん主演の「ザ・マジックアワー」

ザ・マジックアワーあらすじ

舞台はレトロな港町。ギャングのボス(西田敏行)が町を牛耳っています。

ある日、ボスの愛人(深津絵里)に手を出してしまったホテルの支配人(妻夫木聡)は、愛人と共にボスに命を狙われることに。

彼らの命が助かる道はただ一つだけ。それは、伝説の殺し屋「デラ富樫」を連れてくること。

ホテルの支配人は、誰も見たことがない伝説の殺し屋に代役を立てることを思いつきます。

そこで見つけたのは、殺し屋に見えて誰も知らない俳優(佐藤浩市)でした。

映画の撮影だと偽って「デラ富樫」を演じさせるのですが、、

これぞ喜劇という映画。みんな真剣なのもいい。

誰かをけなしたりせず、真剣さの中に笑いがあるという笑いの王道の作品です。

誰も悪役にしないストーリーはさすが。

私は何回も観ましたが、何回観ても楽しめます。佐藤浩市さんの演技が最高です。

Amazonプライムビデオでは、プライム会員の人は無料で観れますので、まだ観ていない人は、ぜひ観てみてください!

\Amazonプライムビデオは、30日間の無料体験できます!/

Amazonプライムビデオ無料体験

観たい映画をたっぷり楽しんで、ちゃんと解約すれば無料!

また、U-NEXTに入っている方は、ザ・マジックアワーは見放題枠に入っていますので、ポイントを使用せず観ることができます。

是非是非、一度ご覧ください!

\U-NEXTは、31日間の無料トライアル実施中!

U-NEXTの無料トライアル

無料トライアルでも600ポイント貰えるので、最新作をポイントで観てから解約しても無料です!

ABOUT ME
吟遊私人
吟遊私人
【徒然趣味ブロガー】 5本指靴愛用中の都内在住の自由人。お酒好き。映画好き。温泉好き。座右の銘は「石の上には座らない」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です