視力回復メソッド

【視力回復のために】視力は良くなる・回復すると信じること。そして止めないこと

「視力回復方法を試しても、一向に目が良くならない。やっぱり目は良くならないんじゃないか」と思っている方がいるなら、その考えが目を良くする妨げになっているのです!

視力を回復させたいのなら、まずは視力は良くなる・回復すると信じましょう!

病は気から、といいますが、身体の状態と、心の状態は、密接に関わり合っています。身体のストレスの3分の1は目に表れる、とも言われるくらい、目にとって、心の状態は大切なのです。

また、人は、自分が可能だと信じられるものしか成し遂げることは出来ません。心の底から、視力は良くなると信じ切れるように、しっかりと自分と向き合いましょう!

視力は改善されると信じること

人には自然治癒力がある

視力の低下は、目の異常といってもいいでしょう。視力が悪い状態というのは、身体にとって、普通ではない、異常な状態なのです。

みなさま、風邪をひいたとき、身体ではどのような事が起こりますか。熱が出て、咳が出ることと思います。これは、体内の風邪ウィルスを撃退するために、身体の自然治癒力によって引き起こされた現象です。

視力もまた、本来は、自然治癒力によって回復するはずなのです。

視力が回復しないのは、日常の生活の中での過ごし方に原因があるからに他なりません。

【禁止事項】視力を回復させたいならやってはいけない5つのこと >>

今まで視力を悪くするためにしてしまっていたことを改めれば、自然治癒力によって、視力は必ず良くなっていきます。

また、自らが視力回復メソッドに取り組むことによって、視力回復のスピードは高まっていくでしょう!

まずは、自分自身の力(自然治癒力)によって目は良くなる、ということを頭に入れておいてください。

人の想いは身体を変える

私たちには、想いを実現する力が備わっています。

これは、スピリチュアルな話ではありません。

違う言い方をするなら、自分が信じていることしか実現させることはできない、ということです。

世界中で大成功を収めた人物たちが、どうして成功できたのか。

それは、ただ何となく生きていたら成功した訳ではなく、自分は必ず成し遂げられる、必ず成功すると、信じて行動を止めなかったからに他なりません。

視力を回復させたいのなら、視力を回復させるために行っている全ての行動について、これで目が良くなると信じて疑わないことです。

信じること、そして止めないこと。これが心から出来るようになれば、何でも成し遂げられるようになるせしょう!

固定概念を取り払おう

信じなさいと言われても、なかなか信じられない人もいるかもしれません。人の固定概念、今回のことでいうなら「私の視力は回復しない」という概念を取り払うのは難しい、と感じる方もいるかもしれません。

例えば、眼科が治らないといえば、私の話よりも眼科の先生の話を信じてしまう方もいらっしゃることでしょう。

これは、先生だから、自分たちよりも目のことを知っているという固定概念によるものです。

しかし、現実的に私の視力は改善したし、目は必ず良くなります。

眼科医もただの固定概念を持った人間である、ということを忘れないでください。

そして、自分自身の力を見くびらないで下さい。

私たちには、何でも叶えることができる力があります。

自分の固定概念を取り払い、成りたい自分、叶えたい夢を信じること。自分が信じなくては、何も叶えることはできませんよ。

大切なのは、行動すること

リラックスしながら取り組もう

正しくものを見ている状態というのは、目の筋肉が緊張しておらず、リラックスした状態です。

しかし、私たちは、日頃の生活の中で、スマホやパソコンの画面を長時間見ることがあるでしょう。近くの小さな範囲を凝視し続けるその状態では、目の筋肉は酷使され、緊張・萎縮した状態になっています。

こうした目の酷使、筋肉の緊張、ストレスによって、視力は悪くなってしまう。

反対に、目の筋肉がリラックスして、本来の柔軟性・弾力性を取り戻せば、視力は良くなります。

そのためにも、心がリラックスするというのは、とても大切なこと。

心がリラックスすると、身体もほぐれていきます

どうか、視力回復までのプロセスを楽しみながら、各メソッドをリラックスして行っていきましょう。

無理はしないこと

早く視力をよくしたい!そう思う気持ちは良く分かります。

しかし、目を鍛えるトレーニングについては、やりすぎるとかえって目のためによくない結果になることがあります。

数年前、視力トレーニングが流行った際に、毎日過度にトレーニングをした人々の目の毛細血管が切れてしまい、眼科が対応に追われたことがあるとか。

筋トレを考えていただければ分かり易いでしょう。過度な筋トレは、筋肉にとって良い結果にはなりません。

視力を回復させるのに、トレーニングは必要ですが、やり過ぎは良くない、ということは、覚えておいてください。

途中で投げ出さないこと

目が良くなると信じたら、あとは放っておいても良くなる、という訳ではありません。

大切なのは、信じることと、行動を始めること、行動することを止めないことです。

私たちが変われない要因
  1. 自分の力を信じていない
  2. 物事を続けていかない

毎日5分の積み重ねが、希望が叶った豊かな未来に繋がるのに、一日の中のたったの5分のことでさえ、なかなか私たちは続けることが出来ません。

こればかりは、意思を強く持つしかない。

視力を回復させるためには、自分の習慣によって視力は回復できると信じて、視力回復メソッドを疑わずに、続けることです!!

このサイトで紹介している視力回復の方法を行っていけば、必ず効果があります。どうかみなさま、心を解き放ち、必ず自分の目は良くなると信じて、日々の生活の中に視力回復メソッドを取り入れていきましょう!

まとめ

視力回復のためには、視力回復のために行動を起こすことも大切ですが、まずは視力はよくなるんだということを信じることが必要不可欠です。

そのためにも、視力は良くならないという固定概念は、今すぐ捨てて下さい。

吟遊私人
吟遊私人
あなたなら、必ず視力は回復するし、全てうまくいく!

うまくいくこと、視力が回復することだけを考えて、あとは大舟に乗ったつもりで、ゆったりとリラックスしながら、視力回復メソッドを楽しんで行ってください。

ABOUT ME
吟遊私人
吟遊私人
【徒然趣味ブロガー】 5本指靴愛用中の都内在住の自由人。お酒好き。映画好き。温泉好き。座右の銘は「石の上には座らない」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です