視力回復メソッド

【視力回復まとめ】視力は回復します!0.3→1.0まで視力が回復した方法

「目が悪いのは治らない」

そう思ってはいませんか。

私は、中学生の時分から、メガネをかけてきました。一度悪くなった視力は回復しない。そんなことは当たり前のことと考えてきました。

でも、みなさん、視力は良くなるんです!

私は、この1年間試行錯誤を繰り返しながら、視力を回復させるための方法を模索してきました。

そして、大人になってからの生活の中で、視力の回復のための方法に基づいた行動をとるようになり、中学生の時分から悪くなっていった視力0.3を、1年間で1.0まで回復することに成功したのです。

吟遊私人
吟遊私人
視力が回復する方法があります

視力を良くしたいのは、みなさまの共通の悩みかと思います。私の経験・方法が、少しでもみなさまの視力回復のお役に立てれば幸いです!

それでは、私が具体的に何をして視力を回復させたのか、その方法をご紹介致します!

視力回復のために行った4つの方法

私が、1年間で視力を回復させた4つのメソッド

視力回復の具体的な方法
  1. メガネを変えた
  2. 外出するときに遠くを見て歩くようにした
  3. 目の体操を始めた
  4. ガボールパッチを見つめた

この中の何かが効果的だったのではなく、全てが相互的に働き、視力回復に至ったのだと感じています。

視力が良くなった今でも、目が疲れたと感じたら、目の体操やガボールバッチはたまにしていますが、基本的には何もしなくても、視力は維持されています。

一度回復した視力は、近視の仕組みを知れば悪くはなりません

それぞれのメソッドについては、下記に詳しくまとめておりますので、ご覧ください。

何故、目が悪くなるのか(近視)

このサイトでは、まずは多くの皆様の悩みであろう、近視の治し方についてお伝えいたします。

そして、私が近視を治すために様々調べて得た情報として、老眼や乱視の治し方についても記事にしていきます。

視力を回復させる前に、まずはどうして近視になったのか(悪くなったのか)を知り、これ以上目を悪くしないために何ができるのか、理解しましょう。

近年は、中学生、高校生だけでなく、小学生など小さな子供の頃から目が悪くなってしまう人が増えています。

こうした子供の頃からの近視は、遺伝で起こっている訳ではありません。近視には具体的な原因があり、そのために改善することも可能なのです。

近視は、目の使い方によって引き起こされるものですが、その原因は主に2つあります。

近視の原因
  1. 眼球を動かす筋肉が緊張・萎縮している
  2. 脳が近くを見るように働きかけている

私たちが何故視力が悪くなるのか。その原因が分かれば、対策も取れてきます。

まずは、近視が何故起こるのかを知り、その原因を理解することにより、視力回復のための方法が何故効果的なのかを知りましょう。

【その①】視力は何故低下するのか。ものが見える仕組みと視力が悪くなる4つの要素 >>

視力を回復させるとともに、これ以上目を悪くさせない、これによって、視力回復は完遂するのです。

大人の老眼は治るのか

近眼だけでなく、老眼を良くしたいと考えている方も多くいらっしゃるでしょう。

老眼は、血流の滞りや、目の筋肉が衰えてしまい、ピント調節機能が利かなくなるために起こること、近視と同じく回復させる方法があります。

【その⑥】老眼は治ります。老眼に効く視力回復トレーニングとは >>

吟遊私人
吟遊私人
大丈夫です、老眼も改善します。

視力回復方法の記事一覧

視力回復のための方法を書いた記事の一覧です。

私が目を良くするために取り組んでいった順番で記事にしました。

まずは、視力の低下である「近視」が何故起こったのか、その記事からご覧ください。

【その①】視力は何故低下するのか。ものが見える仕組みと視力が悪くなる4つの要素 >>

そしてその近視の対策と視力回復のための具体的な方法をまとめた「4つの方法」の記事を順番に読んでいただくことをおすすめ致します。

【その②】まずはメガネやコンタクトを外そう。矯正された視力に慣れないこと >>

【その③】目を良くする方法。歩きながら見るのは、スマホではなく「遠く」である >>

【その④】緊張した目の筋肉を解き放つ、視力回復トレーニング >>

【その⑤】視覚野を刺激して、視力を脳で治す方法とは >>

できれば、みなさまにも、どれか一つだけではなく、全ての視力回復方法を試していただきたいです。

視力回復は、数日や数週間で叶うものではありません。効果が出始めるまで、数か月はかかることもあります。しかし、行っていけば、必ず成果を実感できるはずです。

自分の視力のために、辛抱強く続けていけば、必ず目は良くなります。

そして、視力回復のために行動することも大切ですが、何より大切なのは、視力は良くなるものだと信じることです。自分の脳が視力回復を信じることができなくては、視力回復は成り得ません。

目からの情報は脳で処理されているため、心構えと脳の認識を改めることも必要なのです。

【心構え】視力は良くなる・回復すると信じること。信じる者は、救われる! >>

日常生活の中で、視力回復のためにできることは沢山あります。視力回復の効果を倍増させる秘訣をまとめました。

【効果倍増】視力回復のためにできる日常のこと >>

また、視力を回復させたいがためにやってしまいがちな、目に良くないことは、知っておいてください。

【禁止事項】視力を回復させたいならやってはいけない5つのこと >>

どうか諦めずに続けていただき、脱メガネ・脱コンタクトになりましょう!

裸眼で過ごせるのが一番です。

本日の格言

吟遊私人
吟遊私人
眼鏡を外そう。裸眼は、恥ずかしくないよ
ABOUT ME
吟遊私人
吟遊私人
【徒然趣味ブロガー】 5本指靴愛用中の都内在住の自由人。お酒好き。映画好き。温泉好き。座右の銘は「石の上には座らない」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です