5G

5Gは、いつから日本でスタートしたの?各キャリアの対応が知りたい!

最近、5Gというキーワードをよく耳にするようになりました。5Gは、世界中で利用がスタートし、普及が進んでいます。

日本では、いつから、どのような展開になるのでしょう?

そして、われわれ日々、インターネット回線を利用しているユーザーにとってのメリットはあるのでしょうか?

吟遊私人
吟遊私人
コマーシャルで見かけるようになって気にはなってたけど、もう始まっている!?
理里有楽
理里有楽
携帯電話料金の値下げとともに、プランやスマホの機種の変更も含めて、多数あるモバイル企業の違いも知りたいところですね。
吟遊私人
吟遊私人
今、必要なこと、最新情報を教えて下さい!
未来男
未来男
その疑問、解決しましょう!私に、お任せください!

5Gは日本ではいつからスタート?

Q.5Gは日本では、いつからスタート(導入)するのでしょうか?

A.5Gはすでに、大手業界各社でスタートしています。

5Gの開始時期
ドコモ2020年3月25日から
au(KDDI)2020年3月26日から
ソフトバンク2020年3月27日から
楽天モバイル2020年9月30日から
未来男
未来男
それぞれ、サービス開始の時期は少し違っていまが、各キャリアでのサービスはすでに開始されています!

5GはNTTドコモからスタート

Q.NTTドコモからスタートしたのですね。

A.ドコモは、サービスを提供開始した時点では全国で150か所が対応エリア。今後、対応エリアを増やしていく予定で、ドコモは2021年以降はスタンドアロン(SA)サービスを提供する方針を明らかにしています。

スタンドアロンサービスは、5G独自の周波数帯を設けることによって、5Gの技術の環境を提供するものです。4Gの周波数帯と5Gの周波数帯が混同しないため、5Gの可能性を存分に引き出せます。

将来的に4Gの周波数帯に空きが出れば、その空きに5Gが利用できるように移行することで、更にユーザーが快適に5Gに接続できるようになるのです。

未来男
未来男
ドコモはスタンドアロン(SA)サービスによって、5Gの可能性を引き出します

auの5G進捗状況は?

Q.auの進捗状況はどうでしょうか?

A.こちらは、全国15都道府県の中でも限られたエリアからサービスを提供開始して、順次基地局の整備が進められています。2021年3月末時点で5G対応基地局を1万局にまで増やし、2022年3月末には5万局を設置が目標です。

auの特徴は、DSS(Dynamic Spectrum Sharing)の活用を検討していることが話題です。

DSSは、4Gの周波数をLTEと5Gで分け合う方法。4Gの基地局から5Gの信号を混ぜて送信できることので、5Gの普及が早くなると言われています。ただし、この方法を活用すると、4G利用者が今まで通りスムーズに通信を行えなくなるリスクがあります。

ドコモはDSSを活用しないで、独自の5G通信網を構築する方針です、よって、今後、キャリアごとの5G通信の質に違いが出てくる可能性があると思います。これは、整備されていく流れの中で、大きな違いになってくかもしれません。

未来男
未来男
auはDSSによって、5Gの普及を早めている!

ソフトバンクの5G対応は?

Q.ソフトバンクは、一番、コマーシャルを見かけるのですが、進んでそうですね?

A.対応エリアは東京や大阪、愛知などと地方限定的で、都心部でもまだ十分に5Gが利用できるようになったとは言えない状況です。2021年3月末時点で5G対応基地局を1万局にまで増やし、2022年3月末には5万局を設置すると同時に人口カバー率90%超を実現するという目標を掲げているため、今後の動向が注目されています。

ソフトバンクが話題になっているのは、「見えないアンテナ」を開発していることです。

「見えないアンテナ」をコンビニエンスストアなどの商業施設、駅、駐車場といった場に設置することで、基地局の整備がなかなか進まないエリアで、5G通信が利用できると言われています。

コストを抑えながらスピーディーに5Gのアンテナの設置が可能になり、基地局よりも5Gを普及させられるだろうと期待されています。

未来男
未来男
見えないアンテナて!

安さで話題の楽天モバイルの導入状況は?

Q.楽天モバイルもコマーシャルをよく見かけるようになりましたし、新しく実店舗も見かけるようになりましね。

A.楽天モバイルは、5G通信を「驚きの料金」で利用できると発表しているのが話題です。

2020年の6月頃に5G通信を提供する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響によって9月までサービス提供を延期されましたが、その分、ユーザーのために一番良いサービスの展開をはかったのだと思われます。

未来男
未来男
楽天は、他キャリアの半額以下!

楽天モバイルの5Gプラン詳細

5Gを利用するメリットは?

Q.5Gを利用すると、どんなメリットがあるのですか?

未来男
未来男
1つは、超高速・大容量通信が可能なこと

高速通信は、最大のメリットではないかと思います。データの受信速度によって通信機器の進化が問われていると思います。

通信速度は、ビジネス(商用)においてもプライベートにおいても、重要視されていますね。誰にとっても時間は大切ですから。大容量通信のメリットは、高品質の画像が楽しめることですね。

未来男
未来男
2つは、超低遅延の通信ができること

5Gは、4Gと比較すると約1/10程度の遅延になるとも言われています。

未来男
未来男
3つは、多数同時接続ができること

5Gでは、多人々が密集するような場所でも快適にネットワークにつながるということです。

5Gは、今後の通信インフラを考えていく上で重要なキーワードだと思います。

5Gの実働によって市場はどう変わるのか

Q.5Gの実働によって、スマートフォンの機種変更やプランの変更、あわせて、パンコンの買い替えも考える人が増えていくでしょうね。

A.すでに、業界各社が5G対応の規格のスマートフォンについては、紹介していますし、これからは、5G対応の機種について、人気が移動していくことが十分あり得ます。

未来男
未来男
常に人気のiphoneでは、iPhone12、iPhone12 mini、iPhone12 Pro、iPhone12 Pro Maxが、5G対応機種です

5Gに関連する「ミリ波」とは何?

Q.ところで、5Gスマホのことが話題になると「ミリ波」という言葉をよく聞くようになりました。ミリ波ってなんでしょうか?

A.「ミリ波(mmWave)」は、電波で波長が1~10ミリメートル、一般的に30GHz帯から300GHz帯の電波のことです。

この周波数帯の電波を英語ではEHF(Extremely High Frequency)と呼ばれることもあります。

日本は、n257と呼ばれる、26.50~29.50GHzの周波数帯が5Gに使用されます。
厳密にはここは30GHz未満ですが、この5Gで使われている周波数帯も「ミリ波」帯とおおよそ呼ばれています。

大手業界各社は、このn257と呼ばれる周波数を、総務省より割り当てられています。

5Gの周波数帯
楽天モバイル27.00GHz~27.40GHz
NTTドコモ27.40GHz~27.80GHz
KDDI(au)27.80GHzHz~28.20GHz
ソフトバンク29.10GHzHz~29.50GHz


スマートフォンは、暮らしのなかですでになくてはならないツール。

その未来が、5G導入によって、いかにユーザーにとって、メリットがあるのか。新しい技術につきもののデメリットはどんなものがあるのか、よく理解して、しっかり暮らしに役立てていきまょう!

ABOUT ME
吟遊私人
吟遊私人
【徒然趣味ブロガー】 5本指靴愛用中の都内在住の自由人。お酒好き。映画好き。温泉好き。座右の銘は「石の上には座らない」