5G

5Gのメリットを徹底解説!5Gは暮らしにどれだけメリットがあるのか!?

2020年より、すでに開始している5G通信システム。

国内大手キャリアの、ドコモ、au(KDDI) 、ソフトバンク は、2020年3月から、楽天モバイル 2020年9月からスタートしています。

5Gのコマーシャルでは見かけるけれど、なかなかそのメリットはよく分からない、そういう人も多いはず。

未来男
未来男
そんな、あなたに、5Gのメリットについて、できるだけ、わかりやすくご紹介したいと思います!!

5Gの特徴をおさらい

5Gとは、日本語で「第5世代移動通信システム」の意味です。
英語で「G」といえば、「Generation」、つまり「世代」。

現在の5Gは、4Gの基地局と5Gの基地局を連携させて動作させるNSA方式(Non Stand Alone)です。

Stand Alone(スタンドアローン)とは、コンピューターをネットワークに接続せず、それ自体(ここでは基地局)がもつ機能だけで単独に通信可能な形態のことです。

2021年から4Gのコアネットワークから、5G単独の基地局が作動するSA方式に順次切り替わっていく予定です。

今は、4G世代と5G世代が共存してる状態です。

では、ここで、5Gの特徴をひとつずつ、確認していきましょう。

大きな特徴は、3つ。

  1. 超高速・大容量通信
  2. 超低遅延
  3. 多数同時接続

この3つの特徴から、それぞれメリットを考えていきましょう。

5Gのメリット

超高速・大容量通信によるメリット

このメリットは、今まで通信の上で時間がかかったり、ダウンロードなどで容量がなくて、わずらわしく感じていたことがすべて解消することです。

現在利用している4Gと比較して、速度と容量が100倍になります。これは、圧倒的な速度と容量です。従来の4Gが10秒必要だったデータ通信が、5Gでは0.1秒以下まで時間短縮できます。高画質の4K、8Kの映像伝送も5Gの大容量通信で可能です。

3Gから4Gになった世代交代とは、全く違う、圧倒的な速さと容量です。

理里有楽
理里有楽
0.1秒以下って、なに? 一瞬よりも速い??!! すごいですね。
時々、高画質の映像や動画のダウンロードするのですが、時間がかかって、もうじれったい!!と思っていました。そういうストレスもなくなるのですね。本当にすごい!! これだけでもストレス解消されて、メリット!!

超低遅延によるメリット

これは一瞬文字を見ただけでは、何のことか分からない人も多いと思います。

超低遅延、これは、一言でいうと、超、優れて遅れません、ということ。

5Gのデータ遅延は1ms程度と言われています。データ遅延が短縮するとリアルタイムの通信が可能になるので、スムーズなデータ通信を実感できます。一般ユーザーは、その速さに驚くと思います。でも、このリアルタイムの通信環境が、自動車の自動運転、遠隔医療、製造業では工場のロボットの遠隔操作を可能にするのです。このようにAIが導入されたシステムには、データの確実な通信環境が不可欠だからです。データが遅延すると、自動車が停止してしまうということが起こっると、大変なことになります。

AIの活用される近未来的な暮らしには、5G通信は不可欠です。

吟遊私人
吟遊私人
この特徴は、言葉を聞いただけでは、よく分からなかったのですが、確かにデータ通信に遅れがあると、その場でAIが作動しなくなるんですね、AIがリアルタイムで判断しなてはならない技術には、確実にデータ通信が遅れないということが必要なんですね!!

ちなみに、超低遅延を可能にするためには、MECが活用されます。

MECとは、マルチアクセスエッジコンピューティング(Multi-access Edge Computing)の略です。

ちょっと専門的になるので、ここでは詳しくは説明しませんが、用語だけは覚えておくと良いと思います。

データ処理を今までとは異なる圧倒的な速さにするとためには、データを収集させたり分散させりをいかにうまくできるか、ということが課題、それを可能にするシステムが、MECです。

理里有楽
理里有楽
今までとは違う情報通信網には、データの整理整頓が必要なんですね

多数同時接続によるメリット

「多数」に「同時」に「接続」できる、これは、基地局1台から同時に接続できる端末が、従来に比べ飛躍的に増えるということです。

5Gにすることにより、4Gよりも10倍以上の端末と同時接続できるようになります。

多数同時接続の回線には、LTE-Advanced(エルティーイー・アドバンスト)という規格が用いられています。

このLTE-Advancedは、スマホやPCなど端末の高速データ通信方式、いわゆる4G(フォー・ジー)の一種で、その中で特に通信速度の速い規格のことです。

そのLTE-Advancedは、1平方キロメートル当たり最大で約6~10万台の端末(回線)を同時接続できます。それが、5Gでは、同じ1平方キロメートル当たり最大で100万台の端末を同時接続することが実現します。

最近は、さまざまな機器をインターネットに接続する「IoT(モノのインターネット)」が登場し、その普及が進んでいます。スマートスピーカーやスマートディスプレイなど、既に利用している人も多くなっていますね。今後は、冷蔵庫や洗濯機、LED電球などの「白物家電」にもインターネット接続機能を備えるものが増加していきます。白物家電はスマホやWi-Fi(無線LAN)ルーターを介してインターネットに接続するものが多いのですが、この5Gの多数接続性により、デバイス抜きで“直接”インターネットにつながります。日々の暮らしのなかで白物家電を通して、5G通信が活用されているということになります。

吟遊私人
吟遊私人
すごいなぁ。ITのことが詳しくない人も、自宅でIoTを快適に使いこなして、気が付けは5G通信を利用していることになるんですね。

暮らしの中での5Gのメリット

Q.5Gの特徴をフルに発展させていくと、どんどん社会が進化していくんですね。

そう言えば、最近、話題になるのは、VR・ARのことです。わたしはあまり、体験したことがないのでよく分からないのですが、わたしにもメリットがありますか?

A.メリットは、かなり期待できます。

VRやARで活用される5G

VRはvirtual realityの略で、ゴーグルやヘッドセットといった専用デバイスを利用することで「仮想現実」を体感できる技術。

ARはaugmented realityの略で、現実の風景にバーチャル映像を重ねて表示する「拡張現実」を体感できる技術。

現状ではVRやARは、ゲームなどエンターテインメント分野で活用されていますね。そのため、ゲームをやらない人やアミューズメント施設に行かない人には、今のところは縁もないし、体験したことがない人も多いと思います。

最近は、VRは不動産物件の内覧や疑似旅行体験などの分野で利用され始めています。特にコロナ禍で移動できないことが多いことで、自宅でVRやARを使って、疑似体験をすることは必要になってくると思います。ビジネスの上で顧客対応にも大きく影響してくるでしょうね。それは、わたし達にとっては大きなメリットです。

企業のプレゼンテーションが、コロナ禍で制約があるわたし達に、寄り添った対応をしてくれることにつながる可能性があるからです。

理里有楽
理里有楽
今のわたし達には、コロナ禍で先々のことが不安なので、5Gが活かされることによって成り立つ近未来的な暮らしが近づいてくことは、大きなメリットということなのかな

これからはAIの時代になる

まず、確かなことは4G通信から5G通信になることは、今までとはまったく違った通信技術の段階になるということです。日本では、2020年3月から開始している5Gですが、既に1年以上が経過しています。でも、携帯電話の企業CMなどで見かけるだけで、あまり暮らしの中で身近に感じられないのが現実です。

2020年末頃からは4Gの周波数を5Gと共用する試みも始めています。「DSS(動的周波数共用)」と呼ぶ技術を使い、同じ周波数帯で4Gと5Gの両方の通信が混在可能になります。こうして、少しずつではありますが、より5G通信を快適にする方向には向かっています。
先にご説明しましたが、今は4Gと5Gが共存している通信状態です。

現時点ではっきりと言えることは、これからはAIの時代になるということです。

故に、ビジネス世界だけではなく一般の暮らしの様々な分野にもAIが導入されていきます、AIを活用する上で通信技術の進化は不可欠です。AIの開発に伴い、5Gのエリアや設備が向上していくことも不可欠です。

日本ではまずビジネス面においては、総務省がビジネス専用「ローカル5G(local 5G)」に関して、専用周波数の通信帯を割り当てています。(但し、衛星通信など既存のシステムと調整が必要な帯域なので、割当は既に調整が済んでいる28GHz帯の一部(100MHz幅)のみ)

これは、大工場などでは、AI技術を利用すめためには必要なものになります。一般ユーザーの暮らしが進化するためにも、ビジネス面で5G通信が進化していかなくてはならないからです。

吟遊私人
吟遊私人
5Gの1番のメリットは、今の通信世界を完全に近未来的な世界に変えることなんですね!

5Gのメリットを受けるために

Q.ところで最近、5Gの利用エリアのことを調べると、周波数帯のことで、ミリ波帯とSub6(サブ6)帯というキーワードもよく見かけるようになりました。簡単に教えて下さい。

A.どちらも日本の5Gに使われている周波数のことです。周波数の高いのがミリ波 (28GHz帯)で、周波数の低い方がsub6(6GHz未満)です。ミリ波は超高速ですが、障害物や天候に左右されやすく、今のところは電波塔の数が足りていません。そのため、sub6は4Gの延長で使用できるため、5Gの全国エリア化に sub6 が活用されています。現在は、この2種類の周波数で5Gが成り立っています。

今後は、ミリ波の技術の進化が望まれますが、すぐには普及が難しい状況なので、誰もが一般に利用できるようになるのかはっきりとした目途がたっていません。。

そのために、Sub6の周波数で2023年~2025年までに全国に普及させ、まずは地方展開されるのでは?と言われてはいます。

NTTドコモでは、ミリ波を利用した5G通信は受信最大値4.1Gbpsで、Sub6を利用した通信は受信最大値4.2Gbpsになると発表しています。

もちろん、一部の地域限定なのですが、速度の可能性はどちらにも感じますね。

理里有楽
理里有楽
5Gのメリットを感じるためには、ミリ波とsub6どちらの周波数も必要なんですね

5G対応のスマホを選ぶ

Q.5Gのメリットを暮らしの中で感じるためには、まず身近なスマートフォンで5G通信を利用できるようになることだと思うのです。今後、5Gの対応可能な機種のことも気を付けて選ばなくてはなりませんね。。

A.そうですね。機種変更をちょうど考えている人は、今後の5G展開のことも把握しておくべきだと思います。例えば、人気のiPhone12シリーズは、全機種sub6、ミリ波対応です。でも他社のスマートフォンは、いつ普及されるかわからない「ミリ波」には対応せず「sub6」のみの機種も発売されています。

もちろん、まだ5Gのエリア展開については明確ではないとしても、どの機種が自分にとってメリットなのかも見極めなくてはなりません。

現在、通信キャリアを利用しているにしても、機種変更をする時は5G対応であることと同時に、その機種がsub6のみの対応なのか、ミリ波とsub6両方対応なのかは確認しておきましょう。

理里有楽
理里有楽
通信キャリアを乗り換える時に、機種変更も同時にする人が多いので、じゅうぶんに気を付けてね!!

5Gについての疑問

Q.5Gのことを調べると、「2.4G」というキーワードを見かけます。「2.4Gと5Gの比較」など、これは何ですか?

A.それは、それぞれ「2.4Ghz」と「5GHz」とのことてす。これは、WiFiの周波数です。「GHz」は、電波の周波数帯を表す単位です。

「5GHz」は、5G通信のことでありません。先にも話題になりましたが、5Gの「G」は「Generation(世代)」の略です。

ちなみに、2.4Ghzは、Wi-Fiだけでなく、家電やIHクッキングヒーター、Bluetoothなど、ほかの機器も利用する周波数帯です。

5GHzのメリットは、Wi-Fi専用の電波であることです。2.4GHzのWi-Fiルーターの近くに電子レンジがあれば、お互いの電波が干渉し合い、Wi-Fi(無線LAN)の電波が弱まり、ネット通信の速度低下や切断が起きてしまうおそれがあります。5GHzはそのようなことが起きないメリットがあります。

吟遊私人
吟遊私人
分からない専門用語が出てくると、思考が止まってしまうので、こうして一つ一つ確認した方がいいですね!!

5Gのセキュリティは大丈夫?

Q.最後にやはり気になるのは、5Gのメリットを追い求めても、セキュリティシステムが伴っているかどうかです。

大丈夫でしょうか?? 最近、情報漏洩のニュースも聞きますし、5Gになることでのセキュリティのことは、心配です。

A.5Gの導入によって暮らしの中で身の回りのあらゆる機器(スマホ、PCだけではなく、白物家電なども)がインターネットに接続されるようになれば、外部からのサイバー攻撃を受けるリスクも確実に高くなります。

そのため、今以上にセキュリティ機能の高いIoT機器を採用したり、パスワードを徹底管理するとなどの対策が重要です。定期的にファームウェアをアップデートする対策によって、セキュリティシステムを常に最新の状態にすることは大切です。

ファームウェア (英: firmware) とは、電子機器に組み込まれたコンピュータシステム(ハードウェア)を制御するためのソフトウェアです。

理里有楽
理里有楽
自分の身は、自分で守るという対策は、今後も決して怠ってはいけませんね。

海外では、公共安全LTE(PS-LTE)を5G通信に切り替えている国も出てきています。
PS-LTとは、災害現場等において公共安全機関(消防署や自衛隊など公的機関)が共同で利用する無線システムのことです。

日本は地震や台風などあらゆる災害が発生します。今後、日本でもここに5G通信が活用されていく可能性もあると思います。

そうなれば、被災中の通信も今までより改善されていくのではないでしょうか。

吟遊私人
吟遊私人
5Gのメリットは、日常のスマートフォンの利便性だけではなく、重要な社会問題の解決にも、期待できますね

5Gの先にある6G

近未来は、AI導入により、今までにない働き方や暮らし方の変化が予想されます。
今は、あまり日本全国的には実働しているとは言えない5Gですが、すでに、通信業界では、次世代の6G通信の計画も展開しています。

6G時代は、2030年以降と言われています。今は2021年、すでに残り10年をきっています。

世界中で新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大が起こり、人の移動や暮らしのあり方自体が急変しました。このことが、次世代通信技術の進化を早めています。そして、通信の進化とは、無線ネットワークのオープン化、仮想化が進むということです。5Gから6Gへと進むこと、その先、先と進化は加速してゆくでょう。

今後はビッグデータを使った精度の高い将来予測が可能になり、情報インフラが整備され、地方と都市のギャップがなくなります。

これは、コロナ禍で暮らすわたし達にとって、大きなメリットです。危機を正確に予測できるということは、コロナ禍で危機感を感じている今、とても期待されます。

地方と都市のギャップがなくなるということも、人の移動が制限されているコロナ禍では、大変なメリットと感じるでしょう。

6Gを見え据えたうえで、5Gの進化が、社会の進化に繋がるということもじゅうぶんにありえるということです。

正しく5Gのメリットとデメリットを理解して、自分の暮らしに相応しい5G通信をしっかりと活用してゆきましょう。

ABOUT ME
吟遊私人
吟遊私人
【徒然趣味ブロガー】 5本指靴愛用中の都内在住の自由人。お酒好き。映画好き。温泉好き。座右の銘は「石の上には座らない」