人生思うところありまして

鯛になりたい

今日鯛の刺身を食べた。

昆布締めだったこともあり、身はねっとりとしていて、舌に味わいを残してくれる。それでいて香りは華やかで、それはそれはとても旨かった。

一緒にマグロやらカンパチやらも食べたが、それらの個性はとても鯛には及ばないように思えた。もちろんこれは私の主観であるので、皆様に同意を求めるものではありません。

刺身一つとってみても、それぞれの魚には個性がある。

その個性は、それぞれの良さであるけれども、一流や最上というものが存在している感は否めない。

今の世の中は、だいぶそれぞれの人の個性を尊重するようになったように見えます。

右に倣えの人生から、個性は素晴らしいの人生に変わる。それはとても喜ばしいことだけれど、しかし、そこで満足してはなりません。

もちろん、それぞれの個の良さはある。

しかし、一流や最上というのは、個性を凌駕しているのです。

それぞれの個性が、それぞれ素晴らしいんだというのは、方便である。

諸君も、個性は良いと言われて、ただ喜んでいる場合ではないでしょう。

これからの時代は、個性は当然であり、その個性をどれだけ磨けたか、一流や最上に近付けたか、ということ無しには勝負出来ない世の中なのです。

大トロやら、氷見のブリやら、春の桜鯛やらになって皆に求められなくてはなりません。

そのために必要なのは、何でしょうか。

それは、自分は特別なんだと、いかに思えるか、なのだと思います。

特別だと思い、特別だと行動する。

それたけで、私達は特別な人間に近付いていくことができる。

私は、是非鯛になりたい。

あれだけ優美な存在になれたら、生まれてきた甲斐があったというものです。

しかし私は、鯛ではなく、最上のブリになりそうです。

だって大出世するからね。なんて。

ABOUT ME
吟遊私人
【徒然趣味ブロガー】 5本指靴愛用中の都内在住の自由人。お酒好き。映画好き。温泉好き。座右の銘は「石の上には座らない」
最近買って良かった2つのモノ

私には、最近買ってよかったと思えるものが2つあります。

1つは、ヒゲトリマーです。伸びすぎていたヒゲに待ったをかけてくれたのは、古くからの友人でした。「整えると、もっとカッコいいね」

思わず、その場でポチっとしました。

そして1つは、お酒を飲んでも気持ち悪くならない、二日酔いにならなくなる方法を教えてくれた商材です。

友人たちと会うと、つい飲み過ぎてしまう。その時は面白いのですが、翌日のつらさといったら、、なんどお酒を止めようと思ったことか分かりません。しかし、止められないのが私の弱いところ。

飲みたいけれど、気持ち悪いのは嫌だ。そんなジレンマに陥っていた時に出会ったのが、その商材です。

詳しくは、下記にまとめてみましたので、関心のある方は、見てみてください。

 

二日酔いの予防薬が知りたい!お酒を飲めない下戸でも飲めるようになる唯一の方法! 会社の同僚や友人との飲み会で、無理して飲み過ぎて二日酔いになってしまった、、 お酒を飲めない「下戸」だから、飲み会...