りりとゆら

初夢のこと

毎年、年末年始に思います、初夢のことを。

まず、いつ見る夢かということを今一度、確認してしまう。でも、これは、どうも決まりはないらしい。

「大晦日の夜から元旦の朝」

「元旦の夜から2日の朝」

「2日の夜から3日の朝」

それぞれに時代によって、あるいはその時代の風習によってこの3つの説がある。

日頃から、夢をよく見る人とそうではない人がいる。覚えているか、いないかということでもあるのかもしれない。

わたしは夢をよく見る方だと思うし、よく覚えてもいる。あまりに印象深い夢は、書き留めている。

子どもの頃から、夢を見ることを楽しみに眠りについていた。翌日、前日に見た夢の続きを見たりもした。あるいは、単純に眠りにつく前、読んだ本の内容や映画やドラマ、人との語らい、ニュースなどが夢にあらわれることもある。昔、夜、「ローマの休日」を自宅で見て、その夜は夢で映画「ローマの休日」をカラーで見たこともあった。

さて、初夢である。今日は元旦なので、すでに今朝方、見た夢があるので初夢を見たとも言える、「大晦日の夜から元旦の朝」に見た夢。

今夜、眠ると「元旦の夜から2日の朝」になりますが、今夜も今夜で楽しみにしている。

明日の夜、眠る時も、ぜひとも夢を見て覚えておきたい。そして、3日の朝に、大晦日から3日までの間で見た夢、それぞれを思い起こして、今年の初夢をどれにしようか決めようかな、と思っています。

こういう時は、先入観が邪魔をしてはいけないから、特に頭の中に見たい夢のことなど思い描いてはいけない。

でも、まぁ、いつも、お布団にくるまれた瞬間に寝てしまうから、ね。

明日の朝と明後日の朝と、それぞれに楽しみ。

そして、夢は見るものでもあるし、叶えるものでもあり、それから、ふくらますものでもある。

ふわっふわっと、ね。自由に夢を見て、ふわっふわっと、夢とともに生きてゆきたい。

りり

ABOUT ME
理里有楽
小鳥とともに過ごしています。 読んだ本のこと、観たドラマのこと、日々感じたことを少しずつ書き留めていけたらと思います。
最近買って良かった2つのモノ

私には、最近買ってよかったと思えるものが2つあります。

1つは、ヒゲトリマーです。伸びすぎていたヒゲに待ったをかけてくれたのは、古くからの友人でした。「整えると、もっとカッコいいね」

思わず、その場でポチっとしました。

そして1つは、お酒を飲んでも気持ち悪くならない、二日酔いにならなくなる方法を教えてくれた商材です。

友人たちと会うと、つい飲み過ぎてしまう。その時は面白いのですが、翌日のつらさといったら、、なんどお酒を止めようと思ったことか分かりません。しかし、止められないのが私の弱いところ。

飲みたいけれど、気持ち悪いのは嫌だ。そんなジレンマに陥っていた時に出会ったのが、その商材です。

詳しくは、下記にまとめてみましたので、関心のある方は、見てみてください。

 

二日酔いの予防薬が知りたい!お酒を飲めない下戸でも飲めるようになる唯一の方法! 会社の同僚や友人との飲み会で、無理して飲み過ぎて二日酔いになってしまった、、 お酒を飲めない「下戸」だから、飲み会...