映画・ドラマレビュー

【ドラマレビュー】99.9-刑事専門弁護士-

「99.9」

これは、テレビドラマのタイトル。

この数字を見た瞬間に、のこりの0.1が気になる。とても気になる。

このテレビドラマを制作したプロデューサーが、日本で逮捕・起訴された被疑者は99.9%有罪になっていることを知り、ドラマを構想したという。シーズン1、シーズン2と制作されていて、2021年末にはスペシャルドラマの放送ともに、劇場映画が公開された。

シーズン1からドラマタイトルは気にはなってはいたが、一度も見たことがなかった。今回、1、2シーズン一斉に再放送されたので、見る機会を得た。

主人公の弁護士が、刑事事件の有罪99.9%になりかかっていた被告人を弁護して、0.1%の無罪へと導く。しかし、0.1%の壁は厚い、とても。

冤罪については、世間的にニュースで見ることもあるし、知人に裁判の関係者がいて痛ましい話しを聞いたこともある。

このドラマでは、あまりにも普通の暮らしをしている人が被疑者になる。遠い世界のことではないと感じてしまう。

ドラマは作られたものではある。でも、誰にでも日常で身近に見ることができる媒体。そのドラマをどう観るかは、わたし達、見ている人、それぞれの自由。

そして、ドラマのあるシーンを観たり、ドラマが展開していく重要なセリフを聞いていて、励みになることもあり、慰められることもある。もし、このドラマを冤罪のため苦しんでいる被疑者の家族や近親者が見たら、どうだろうか。やはり、控訴で冤罪をなんとしてもはらしたいのではないかと思う。但し、このドラマは深刻に仕上げていないから、状況によってはそんなことも思えないかもしれない。絶望を安易に転換することは難しいから。

それに、0.1%の無罪に導いている弁護士たちは、ドラマの中にいるだけの存在である。

ドラマのなかで殺人犯で逮捕された被疑者の父親がいう言葉で印象深いセリフがある。

「身に覚えのないことで人はこんなに簡単に逮捕されてしまうものなんでしょうか?」

この被疑者は冤罪なのだが、物的証拠が揃っていてなかなか無罪にすることは出来ない。

はっとさせられる、今も世の中で不条理なことが起こっているのかと思うと。

このドラマの主人公の弁護士、その父親は、冤罪のまま控訴し無実を訴え続けていたけれど、心労で獄中で亡くなっているので刑は確定されないままだ。

主人公の弁護士がいつも言っている「事実が知りたい」というセリフにも、とても、はっとせられる。無罪にすることだけが重要ではないからだ。

無実である人が、有罪だと言われてしまう、冤罪がはれるまであまりに多くのものを失ってしまう。主人公の弁護士の父親のように、生きていることすら、出来なくなってしまうかもしれない。

そして、主人公の弁護士が、常に言うセリフ、それは。

「事実は一つ」。

究極的な状況になった時、強くひたすらに前を向ける人だけが言える言葉なのかもしれない。

そう、事実は一つ。

この世の中の次元が重複していない限り、事実は一つ。

人の感情や心情は関係なく、事実は一つだ。

「まずは生い立ちからお聞きしますね」

これは、主人公の弁護士が被疑者と接見する時に語るセリフ。

犯罪にかかわる出来事だけを切り取って、その人を判断することは、出来ない。

生まれた時からの年月すべてがその人を物語っている。

 

0.1%。

これからも、この数字は変わっていかないのだろうか。

変わらないのであれば、99.9%、正当に事実に基づいて犯罪が裁かれる世の中を願う。

このドラマで語られていることには、日本の重要な悲しい現実があらわれている。

日常に誰でもが見て取れる媒体で、今、生きている日常を見直す機会を与えられている。

「事実は一つ」、きっぱりと、そう言える人が増えてくれば、今よりもきっとわだかまりのない世の中になっていくのではないかと思う。

 

理里有楽

ABOUT ME
理里有楽
小鳥とともに過ごしています。 読んだ本のこと、観たドラマのこと、日々感じたことを少しずつ書き留めていけたらと思います。
最近買って良かった2つのモノ

私には、最近買ってよかったと思えるものが2つあります。

1つは、ヒゲトリマーです。伸びすぎていたヒゲに待ったをかけてくれたのは、古くからの友人でした。「整えると、もっとカッコいいね」

思わず、その場でポチっとしました。

そして1つは、お酒を飲んでも気持ち悪くならない、二日酔いにならなくなる方法を教えてくれた商材です。

友人たちと会うと、つい飲み過ぎてしまう。その時は面白いのですが、翌日のつらさといったら、、なんどお酒を止めようと思ったことか分かりません。しかし、止められないのが私の弱いところ。

飲みたいけれど、気持ち悪いのは嫌だ。そんなジレンマに陥っていた時に出会ったのが、その商材です。

詳しくは、下記にまとめてみましたので、関心のある方は、見てみてください。

 

二日酔いの予防薬が知りたい!お酒を飲めない下戸でも飲めるようになる唯一の方法! 会社の同僚や友人との飲み会で、無理して飲み過ぎて二日酔いになってしまった、、 お酒を飲めない「下戸」だから、飲み会...